CG業界に新しいマーケットを創るTANOsim代表に色々聞いてみました!

インタビュー

こんにちは、CGクラウド運営事務局の森田です!CGクラウドマガジンは、CG業界の「イマ」に迫っていく、そんなメディアです。今回は初回ということもありCGクラウドを運営する株式会社TANOsim代表取締役社長(森本高廣)にインタビューを敢行しました!

CG業界に特化したマッチングプラットフォーム目指す「CGクラウド」(TechCrunch Japanさま)

CGクリエイターの活動を支援する「CGクラウド」を提供する株式会社TANOsim、第三者割当増資による資金調達で調達総額約8,500万円に(Startup Timesさま)

CGクリエイター活動支援「TANOsim」が大和企業投資などから約5500万円を調達、CG業界特化のマッチング「CGクラウド」リニューアルも(THE BRIDGEさま)

各社報道の通り、TANOsimは累計約8,500万円という資金調達によりさらに成長を加速させるフェーズへと突入したように思われます。今日はそういったところにフォーカスしてインタビューをしました。

―総額8,500万円という資金調達を完了した事になりますが、決め手はなんだったのでしょうか?

森本:大きく3点あると思います。1つ目にCGという市場の将来性、2つ目にプロダクトのもつポテンシャルとその実現可能性、3つ目にチームメンバーへの高い評価をいただいたと考えています。
ゲームやアニメ、映画はもとより医療やプロダクトデザインなどの分野でもCGは活用されています。加えて、VR、AR 並びにMRといった技術の登場で、近年ますます需要が高まっております。ところが、業界には発注企業とクリエイターがお互いにうまくマッチングしていない現状があるように感じています。発注企業は良いクリエイターを見つけるのに苦労しており、クリエイターは常に仕事を求めているのだと思います。さらに発注企業を頂点とする重層下請け構造は複雑で、 業界で働いた人間でないとその構造や雇用形態を理解するのは困難です。私はCG業界に長年身を置き、業界が抱える問題点の数々を間近で見てきて、これらを変えていかねばならないという想いを持ちました。CG業界出身のスタートアップ経営者は多くありません。業界に精通しているからこそ、CG業界を変革するソリューションを提供出来ると考えております。

この想いを実現するため、TANOsimは2016年12月の創業から「CGクラウド」の開発を進め、2017年8月にベータ版をリリース。2018年7月にはギャラリーサイトとしてフルリニューアルを行いました。クリエイターが「CGクラウド」にアップロードした作品は、世界中の人たちの目に触れます。TANOsimは「CGクラウド」を通して、業界のさらなる発展に貢献し、CGがより広く一般に親しまれる世界を目指します。

―採用を積極的に行うとのことですが、何故それだけの人材が必要なのでしょう。

森本:実は我々の事業ビジョンは、ギャラリーサイトにとどまりません。CG業界で新しいマーケットを創造しようとしています。そういった可能性のある事業ドメインの拡大をスピーディに行うには優秀な仲間たちが必要だと考えています。
ここまでのフェーズは「ビジョンの具体化」を行ってきました。今後の動きとしては具体化された事業を成長させていくフェーズですので、第2期創業メンバーを集めるというイメージです。世の中にインパクトのある物を生み出すにあたって人材の拡充を事業拡大の原動力として強いチーム作りを行う必要があると考えます。

―「CG業界で新しいマーケット」とは具体的にどういった構想があるでしょうか?

森本:そうですね。例えば、現在、我々が展開している事業というのは、一面を切り出すと「クリエイターがより多くの人や仕事と繋がる」ためのプラットフォームです。しかし、まだ「これだ」と言い切れるものがあるわけではないのですが、クリエイターの困りごとというのはもっと多岐に渡ると考えています。例としては、将来への漠然とした不安や新技術へのキャッチアップに日々追われているというものが挙げられます。
これら全てを解決し、クリエイターがさらに活き活きと出来るようなプラットフォームを作っていきたいと考えています。

―最後に、調達した資金で事業をどう展開していくのか、ビジョンを教えてください。

森本:これまでの人生で私はどうすれば業界のさらなる発展に貢献し、CGがより広く一般に親しまれる世界になるかを考え続けてきました。これからはそれを事業に落とし込み、誰もが使っているプラットフォームの創造を目指します。
CGには非常に将来性があると考えていますし、CGを通して世の中がますます便利に、楽しくなっていくと思います。そんな新たな世界を生み出す為の土台作りを我々は行います。